旭川製麺 大雪山の麓 上川盆地にいだかれて

旭川製麺株式会社 | 公式ショッピングサイト

0166-82-354

らぁめん紀行

最新記事

月別アーカイブ

商品カテゴリ

2011.08.12かつや食堂

ここ旭川でも、うだるような暑い日が続いております!
今回の [らぁめん紀行] は、鷲尾社長他3名、合計4名で、旭川市末広の
「かつや食堂」さんを訪ねました。

かつや食堂さんは、いつも混雑しているとのことで、お昼時を外して14:00頃に伺ったのですが、その時は30度を軽く超えていたでしょう!凄く暑かった(^_^;)

14-1 (1)

 

(昼時を外して伺ったのですが、常に数人のお客様がいらっしゃいました)

住所は旭川市末広1条4丁目。
国道40号線(名寄国道)と環状一号線の交差点近くになります。

暑いと言いつつも我々はやっぱりラーメン!

お店に入ると14:00過ぎにも関わらず、家族連れの方やサラリーマン風の方々がラーメンを食べられておりました。本当にファンが多いお店のようです。

我々一行は、あまりの暑さにクーラー近くの席に陣取り 「ラーメンを食べるんだ!」という強い意志で(?) 「冷やしラーメン」では無く、各自が好きなラーメンをお願いしました。その後は、しばしの懇談タイムです。

『ここは、ラーメンだけでなく丼物も美味しくて人気がある』
『うち(旭川製麺)とかつやさんは、取引を初めて軽く30年を越すお付き合い』
『かつやさんは昭和42年創業で、今のオーナーは2代目』

と言ったお話しを、鷲尾社長よりお聞きしました。
昭和42年と言うと、筆者が生まれた頃に創業されているので、創業43~44年…そ、それだけで凄すぎるっ!と驚いている内にラーメン達が登場してきました。

もちろん、全ての麺は旭川製麺の王道を行く、中細縮れ麺です!

■ラーメン写真(その1)

 

13-2

(上)こがし黒しょうゆラーメン ¥650
鷲尾社長オーダー品。
焦がし醤油の香ばしい香りと、熱々のスープ。あっさりと言いつつも深い味を楽しめる味で麺との相性も抜群のスープです。『ウマイ!(鷲尾社長・談)』

(下)塩ラーメン ¥600
透き通ったスープで、臭みなどは一切無く、とてもあっさり食べられる味。
チャーシューと麺との相性も抜群であっという間に完食です!

■ラーメン写真(その2)

 

13-3

(上)辛い味噌ラーメン(超激辛味噌) ¥750
かなり激辛らしく(?)筆者が味見が出来るような辛さでは無いと判断。
食べた取材陣は『辛くて美味しい~っ』とのこと。辛い食べ物が好きな方はどうぞ。

(下)かつ丼セット ¥900
筆者オーダー品。
このかつ丼、本気でウマイです!柔らかくてボリュームもあって…..今まで食べてきたかつ丼の中で一番美味しいと感じました。セットでついてきたしょうゆラーメンも、あっさり味でとても食べやすかったです。ウマイ!オススメです!!

■まるごと苺アイス

13-4

オーナーの野口さんからサービスで頂いてしまいました。
苺の中に練乳が入っている、というとてもシンプルなものなのですが、これも美味しかったですよ~っ!!

美味しい味を追求し続けます(野口オーナー)

オーナーの野口さんは、先代(野口さんの実父)の後を引き継いだ2代目オーナー。
お店を継がれる前は、コンビニでのバイトや建築関係の仕事に従事されており、いわゆる[食堂]とは全く縁の無い状況下で生活されていたのですが、先代オーナーが病気療養で入院後、間もなく亡くなってしまったこともあり、急遽ではありますが、店を引き継ぐことを決断したのが約20年前。

その後、店の味をしっかりと作っていたお母さん(野口さんの実母)の手ほどきで、かつや食堂の味を体得後、かつや食堂伝統の味は活かしながらも、更に美味しいものを追求・研究し続けており、現在の味に到達しているとのことでした。

ラーメンのみならず、かつ丼・豚丼・カツカレーも美味しいと評判のかつや食堂さん。
これはもう食べに行くしか無いですね!

*夕方以降の出勤と言うことで、今回は残念ながらお会いできませんでしたが、野口オーナーのお母さんは、現在も元気にお店を手伝われているとのことです!

◆野口オーナーと鷲尾社長(↓)

13-5

旭川製麺とは野口オーナーの先代からのお付き合い。
「今後もよろしく!」ということでガッチリ握手!
※『長すぎて何年間のお付き合いかわからない』(鷲尾社長・談)ということでした(^_^)

DATA
店名:かつや食堂
住所:北海道旭川市末広1条4丁目
電話:0166-51-9325
営業:11:00~21:00
定休日:火曜日

筆者のあとがき

かつや食堂さんには、初めて伺ったのですが、炎天下の中、来店されている皆さんがラーメンを食べている姿に「かつや食堂のラーメンファン」の存在を強く感じました。
単純に美味しいだけでなく、お店の雰囲気やオーナーの人なつこい(?)笑顔がセットとなって、リピーターを創出し続けているのでしょうね。。。。。
常に美味しい味を追求し続ける姿勢の野口オーナーの話を聞く限り、かつや食堂さんは、これからも発展し続けていくことでしょう。筆者も近々にまた伺おうと思います!