旭川製麺 大雪山の麓 上川盆地にいだかれて

旭川製麺株式会社 | 公式ショッピングサイト

0166-82-354

らぁめん紀行

最新記事

月別アーカイブ

商品カテゴリ

2011.09.11味のありこま

暑かった夏も終わり、非常に爽やかな季節となった旭川。
今回の [らぁめん紀行] は鷲尾社長他3名で、旭川市東光の「味のありこま」さんを訪ねました。

訪問日当日の13:30頃に、お店の前に到着した時は駐車場が満車状態(^_^;)
何とか駐車して他のクルマのナンバーを見ると「わ」ナンバーが数台…レンタカーを利用されている観光客も訪れているようでした。

14-1

住所は旭川市東光3条6丁目。
旭川市の1条通りを東川町方面に走ると、左手に上記写真のお店が現れます。

とんこつベースなのにあっさり…クセになるラーメン!

13:30過ぎにお店に入ると、ほぼ満席状態(^_^;)
テーブルが一つだけ空いており、何とか席を確保して、取材陣一同でホッと一安心。
お店の中はとても賑やかでした。

席に着いた我々は早速メニューを確認。
各自が好きなラーメンをお願いし、懇談タイムに入ります。
『ここのラーメンスープはこんこつベース。くせが無くてとてもあっさり.』
『ありこまさんは昭和49年の創業で、当時からのお付き合い』
という話を鷲尾社長よりお聞きしました。

昭和49年創業ということは、創業35年を超えている…
すごい!旭川が誇る老舗のラーメン店だなぁと感心しているところでラーメンの登場。

もちろん、全ての麺は旭川製麺の王道を行く、中細縮れ麺です!

■ラーメン写真(その1)

14-2

(上)ありこまラーメン ¥780
鷲尾社長オーダー品。
塩ラーメンをベースに、ラー油・ごま・生姜でピリッとしたアクセントがついた味。
あっさりした味で女性にも人気だとのこと。
『あっさりスープ。ウマイ!(鷲尾社長・談)』

(下)塩ラーメン ¥650
シンプルであっさりとしたスープ。
それだけにスープの持ち味がよくわかるのがこの塩ラーメンです。
とても食べやすく、完食必至です。

■ラーメン写真(その2)

14-3

(上)激辛味噌野菜ラーメン ¥850
最近はこのラーメンのリピーターも増えているとの情報が…
筆者は試食しておりませんが、辛いものが好きな方はどうぞ(^_^;)
ちなみにこのラーメンをオーダーした取材陣(1名)は、美味しそうに食べておりました。。。

(下)正油野菜ラーメン ¥780
筆者オーダー品。
野菜で隠れてしまっておりますが、チャーシューも美味しく、スープも飲みやすく、本当に美味しいラーメンでした。
ありこまさんでは、正油ラーメンが一番人気だそうですが、野菜をのせたラーメンもとてもウマイ!また食べます!

創業以来、変わらぬ味で、ラーメン通が足繁く通う名店

オーナーの斉藤さんは、先代オーナーである斉藤さんのご主人(故人)の味を守り続けており、その”ガンコ親父(先代)が残した味” のファンは多く、いわゆるラーメン通たちも足繁く通ってくるそうです。サイドメニューは無く、ラーメンのみで勝負し続けているのもありこまさんの特徴です。

14-4

『休みの日に、ピアノを習いに行き始めたんですよ~っ!!』と明るく話す斉藤オーナー(写真左)に『えっ?凄いチャレンジ精神ですね…』と驚きながらも、音楽についてしばし談笑する二人。

◆斉藤オーナーと鷲尾社長(↓)

14-5

ありこまさんの創業当時からのお付き合いのこの二人。
「まだまだこれからもよろしく!」ということでニッコリ記念撮影です。
*鷲尾社長の目が・・・シャッターチャンスを逃してしまった!スミマセン(筆者より)

DATA
店名:味のありこま
住所:北海道旭川市東光3条6丁目
電話:0166-32-4050
営業:11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:水曜日

筆者のあとがき

ありこまさんへは、5年ほど前に伺ったきりで、かなりご無沙汰していたのですが、この「らぁめん紀行」という企画のおかげで、美味しいラーメンと再会できたのは、とても嬉しい出来事でした。

オーナーの斉藤さんの笑顔とパワーと気配りがとても心地よい空間です。
もちろん、ラーメンの美味しさも折り紙付き。

創業当時から変わらないスープの味を頑固なまでに守り続ける、オーナーの斉藤さんの力で、ガンコ親父だったという先代が培った「ありこまラーメンファン」の皆さんに喜んでいただき続けるのはもちろん、新たなファンを創出し続けることでしょう!